Categories
アルツハイマー, 認知症

以前ご紹介以前ご紹介致しました首題プロジェクト、いよいよ開始致しました。

 

現在は、患者さんと有志の方々、およびご家族に無償で診断・を行っております。

本プロジェクトでは、①MMSEによる症状診断、②周辺症状の聞き取り、③近赤外光による脳の活性状態の確認、を行っ

てカルテを作成し、医師との問診のあと処方を確定し、投与方法の指導を行い、毎日のレポートを患者さんご家族にお願いし、定期的なフォローアップを行ってまいります。最後には、MMSE、近赤外光による数値改善結果、などを明確にいたします。

ご興味のある方、いつでも参加可能ですので、お問合せくださいませ。具体的な進め方や医師をご紹介申し上げます。

 

***以前の報告内容は以下です***

イタリアのModena and Reggio Emilia大学の研究論文によれば、

65歳~90歳の男性9名、女性21名の様々な段階のAD(アルツハイマー型認知症)の患者に対し、Bedrocan社のTHC優位、CBD少量のオイルを1日2回、12週間続け、

評価はNPI-Q法、CMAI法、MMSE検査によって実施した。

 

結果として、

NPI-Q(周辺症状の重症度指標)では、種々の症状が改善され、ケアギバーのストレスが改善された。

CMAI(周辺症状の評価)においても改善が確認された。

MMSE(我々がいつも使っている評価)では45%の患者さんに顕著な改善が見られた。

 

結論を一言で言うと、

 

カンナビス抽出液はAD患者に対して効果的で安全に機能する。

 

 

Calendar

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー